南島原市、小浜町を中心にお墓を専門にお仕事をさせていただいております、門畑(かどはた)石塔店の門畑です。これからこのブログで、当店のお墓のお仕事の様子や情報を発信して参ります。どうぞよろしくお願いします!
初回の今回は、南島原市有家町の墓地にて、追加の法名彫刻をいたしましたので、その様子をご紹介します!

 

【完成した彫刻部分(矢印の箇所です)】

 

当店で以前にお墓を建てていただいたお客様から、追加彫刻のご依頼を頂きました。金箔を貼った彫刻です。今回は、当店での追加彫刻の際の手順や工程を、実際の写真を見ながら詳しくご紹介したいと思います。

 

まずは、彫刻する文字をバランスよくきれいに配置するため、寸法を測って確認しています。「芯を出す」とも言います。このとき、すでにある文字と高さや行間の間隔を揃えるように注意します。

 

彫刻のためのシート状のゴムを貼り付ける準備として、石の表面についたゴミやコケを除去します。

 

ガスバーナーで、石にしみこんでいる水分を飛ばしています。こうすることで、ゴムの貼り付きがよくなります。右の写真の印の部分に水滴があるのがお分かりいただけるでしょうか? このように下から覗くと太陽の当たり方で水滴がはっきりと見えますので、この水滴がきれいになくなるまで飛ばします。
水分がきれいに取りきれいていないとゴムの貼り付きが甘くなるため、彫刻作業の際に細かい部分がうまくいかないことがあります。手間隙はかかりますが、きれいに仕上げるために事前の準備をしっかりと行っています。

 

文字彫刻をする場所にゴムシートを貼り付けました。文字は、事前に工場で文字データを作成し、それをゴムシートに転写したものです。

 

文字ひとつひとつをなぞって切り取り、彫刻する部分のゴムをくり抜いているところです。切り取りの段階できれいに切ってはいるのですが、万一切れが甘い部分があると、くり抜く際にゴムが取れてしまったりすることもありますので、細かい部分などは特に一画一画ていねいに取っていきます。

 

切り抜いたゴムシートをよりしっかりと石に接着させるために、専用のスプレーを使用しています。これも彫刻をきれいに仕上げるための大切な工程です。

 

彫刻前の準備が終わり、いよいよ彫刻に入ります。左側の青い機械がサンドブラスト加工に使用するタンクで、中央は現地彫刻用の箱です。作業の際は一人がサポートについて毛布等で作業する人を覆い、周りに砂が飛んだりすることのないように注意しますが、念のために右隣のお墓を緑のシートで養生しています。

 

機械を設置する際は、このようにゴムシートで養生して、お墓に傷をつけたりしないよう配慮しています。

 

いよいよ彫刻開始です!

お墓の現地彫刻はあまり見る機会がないと思いますが、実際にはこうして彫刻しています^^

 

箱の中はこんな状態です。ゴムが切り取ってある部分に彫刻を施していきます。

 

彫刻をした箇所は、このようになります。意外に思われるかもしれませんが、こうした彫刻はサンドブラストという加工方法で、砂を当て付けて石を削って彫っています。

 

彫刻が終わりました。今回はこの彫刻部分に金箔を貼っていきます。写真は、金箔を接着するためのカシューという下地剤を塗っているところです。

 

下地剤を塗ってゴムを剥がし、金箔を入れていきます。金箔を貼る際はスピーディーに、かつ飛んだりしないように毛布をかぶって作業していたので、作業の様子の写真は撮れなかったのですが、一文字ずつていねいに金箔を入れていき、完成となります。

 

細かな工程をたくさん経て、完成です!

 

キラキラ輝いて、とてもきれいな仕上がりです。金箔を貼って、その表面を柔らかい筆で丁寧になぞると、表面が滑らかになってつややかな仕上がりになります。

今回のお客様は、作業の間見守ってくださっていましたので、私どもも安心して作業することができました。完成した彫刻をご覧になって、「亡くなった母も気持ちよく昇っていくことができると思います。ありがとうございます」とおっしゃってくださいました。このたびは追加彫刻のご依頼ありがとうございました。お困りのことがあればまたいつでもご相談ください^^

今回は、追加彫刻と金箔入れの作業をご紹介しました。彫刻のご依頼の際は、画数の多い文字や細かい文字、さんずいのはねの部分など、細かいところもきれいに表現するようにていねいな作業を心がけて作業しています。また、今回は追加の彫刻でしたので、できるだけ以前からある彫刻の文字と違和感が出ないよう、テイストやバランスに注意しました。しっかりと丁寧な、確実な作業をいつも心がけ、よりお客様にご満足いただけるよう、今後も日々精進して参ります!