南島原市、小浜町を中心にお墓を専門にお仕事をさせていただいております、門畑(かどはた)石塔店の門畑です。南島原市加津佐町の地域墓地にて、お墓じまい工事を行いました。その際の様子をご紹介いたします。

【施工前後のわかるお写真】

今回のお客様は、知人からの紹介にて、ご相談いただきました。ご高齢になられたお客様ですが、お墓を継がれるお子様たちが県外に出られていて、戻る予定がないということで、お寺様の納骨堂へお骨を移動されるため、今回お墓じまいを決断されたそうです。

お墓の場所を伺い、お客様にもお立合いいただき、現地に確認へ行って参りました。

こちらがお客様のお墓です。

 

ご依頼いただいた当初、石塔のあるお墓のみ解体をご依頼いただいており、手前の自然石やお地蔵様等でできたお墓は、ご自分の家のお墓であるかどうか確認がしっかりと取れていない状態でしたので、一旦保留し、先に石塔のあるお墓の解体撤去のご依頼をいただきました。

その後、お客様ご自身で調べてくださり、自然石のお墓もお客様のお墓であることが確認できましたので、そちらのお墓じまい作業もご依頼いただきました。

お寺様に来ていただき魂抜きをした後、ご遺骨を取出し、工事を行いました。機械を使用してお墓の取り外しを行いました。その際、お家の名前が分かる部分や家紋などが見える部分は、石を削って見えなくなるようにしてから処分するようにしています。

 

次にお墓を建てられる方が出た際に気持ちよくご利用いただけるように、綺麗に土を均して、お墓じまいが完了しました!

 

お墓じまいが完了し、お客様には「お墓のことが気がかりでしたので、これで安心できました。ありがとうございました。」というお言葉をいただきました。お客様には工事中にお茶を何度も差し入れてくださったりと、大変お世話になりました!!

お墓じまいのご依頼をいただいた時、いつも大切にしていることは、長い時間、ご家族・ご親族の皆さまで大切に手を合わせてお参りをしてこられたお墓に対して、「ただ壊す」とか「雑に行っていい」のではなく、最後だからこそしっかりと、お墓に対して敬意を払って工事をする、という気持ちです。解体して撤去する、という動作や仕上がりは、一見変わりないことなのかもしれないですが、お墓を継いでいくことが難しくなり、複雑な心情であろうお客様の気持ちを大切に、安心していただけるように、真心こめて作業を行っております。今後もその心がけを続けて行きたいと思います!