南島原市、小浜町を中心にお墓を専門にお仕事をさせていただいております、門畑(かどはた)石塔店の門畑です。今回は、南島原市口之津町の地域墓地にて、追加の法名彫刻と合わせて、様々な施工をさせていただきましたので、その様子をご紹介します!

【施工前後のわかるお写真】

ご依頼いただいたお客様は、私の祖父の時代にご縁をいただき、お墓を建立させていただいたお客様です。今回は、新たに追加彫刻をご希望であったのですが、併せて「お墓の玉砂利が入っている部分を、掃除がしやすいように石貼りにしたい」「せっかくなので金箔も入れ直したい」というご要望をいただきました。ご連絡をいただいた後、さっそくお墓の現状を確認に、墓地へ行って参りました。墓地がお宅から近いこともあり、お客様も一緒にいらしてくださいました。

 

こちらがお客様のお墓です。建立されてから二十数年経っています。とても綺麗にされていて、大切にお参りされているのがわかります^^

 

お客様が気にされている部分の確認を行いました。このお写真で確認できる部分は、線香立の前(納骨室の扉の上の部分)に水垢が付着していまっていること、階段の部分に白い汚れ(お写真一番手前部分)です。また、金箔もところどころ落ちてしまっているのが分かります。

 

花立てや線香立の部分です。水回りであることもあり、水垢が付着してしまっています。また、金箔がほとんど落ちてしまっている状態です。

 

こちらは法名塔です。ほとんど金箔が落ちてしまっていて、一番右側は本来「法名塔」と見えるはずですが、見えない状態でした。

 

納骨室の扉の上部が白くなって汚れています。また、こちらも金箔が落ちてきている状態です。

 

お墓の背面部分です。石垣の部分にだいぶコケや黒カビが生えている状態です。どんなに綺麗にお参りをされていても、長い年月の経過とともに、普段のお掃除では落とせない汚れが出てくるのは避けられません。

お墓の状態を確認し、お客様とお話をさせていただき、「物置も設置したい」というご希望をいただきましたので、今回の施工内容をまとめると

●お墓の追加彫刻
●金箔の入れ直し
●砂利部分を石貼りへ
●水垢・汚れを落とす
●物置を設置する
●線香立を新規でつくる というご依頼をいただきました。

水垢を落とす方法は、現場で可能な限りで落とす方法と、持ち帰れる部分は工場へ持ち帰って綺麗にする、という方法がありますので、お客様にご提案をさせていただきましたところ、「せっかくなので工場に持ち帰って綺麗にしてください」というお話でした。

お客様のご要望通りに、お墓や法名塔など持ち帰ることのできるものは持ち帰り、工場にて追加彫刻や金箔入れ直しなどの作業を行い、すべての施工を終えて・・・

お墓が完成いたしました!

 

お墓全体を高圧洗浄機でしっかりと洗い、金箔の下地なども綺麗に落としてから、新しく入れ直しました。(※下地の塗料等をしっかり落としてから施工をすることで、金箔の持ちが良くなります)

砂利だった部分は石貼りになりました。足元がすべて石貼りになったことで、全体を水でサッと流すこともできますので、以前よりも簡単に、より清潔にお墓を保つことができます。

 

石塔横の玉砂利部分も石貼りになりました。水勾配をつけていますので、水は前面に流れるようになっています。

水鉢や花立て等の金箔も綺麗に入りました。線香立は、以前の形はお線香を立ててお供えするタイプでしたが、横に寝かせてお供えするタイプのものが、よりご宗派に合っていますので、そのようにおつくりをしています。(お墓を建立していただき、孫の私の代までずっとお世話になっておりますので、ロウソク立ては当店よりプレゼントさせていただきました^^)

 

法名塔へ、新しいお名前を1名分彫刻をさせていただき、金箔もすべて綺麗に入れ直しました。すべてはっきりと見えるようになりました!

 

扉の上の白い汚れも落とし、金箔も綺麗に入れ直しました。

 

お墓の背面の石垣のコケ・カビなどの汚れも、このように綺麗になりました。この石垣は長崎県産の小長井石が使用されているのですが、水垢を落とす前には見えなかった石の優しい色合いが戻り、とても素敵ですね^^

 

仕上がったお墓をご覧になったお客様に「これで私も安心してこのお墓に入ることができますし、こんなに綺麗にしてもらったことで、また大切にお参りをしたいと思いました。」というお言葉をいただきました。

今回、お客様と打ち合わせのために4回ほどお会いしてお話を伺いました。お墓の話以外にも、色々なお話をしてくださいました。お客様は、今はもう引退されていますが、以前は船に乗っていらっしゃったそうで、1度海へ出ると1年ほど家に戻れないことも多々あったそうです。なかなか頻繁にお参りができなかったこともあり、「できる時にしっかりしたい!」と、ご先祖様のご供養やお墓参りを大切にされていたそうです。

祖父の代に建てられた、お客様が大切に守って来られたお墓を、孫の代である私が綺麗にして差し上げることができて、とても光栄に思いますし、お喜びいただけて大変嬉しく思います。何かお困りの際は、またいつでもお気軽にお声掛けいただけたら幸いです。