南島原市、小浜町を中心にお墓を専門にお仕事をさせていただいております、門畑(かどはた)石塔店の門畑です。南島原市有家町のお寺様墓地にて、石塔の据え直し、土間の改修工事を行いましたので、ご紹介します!

 

長崎県南島原市有家町 専念寺内 石塔据え直し・土間改修工事

 

知人からの紹介で、南島原市有家町のお寺様の墓地にお墓をお持ちのお客様からご相談いただきました。まずは現地でお客様とお話しすることになりました。

 

こちらがそのお墓です。かなり古くからの石塔が、大小2つ並んでいます。一見して、大切にお参りされているのが分かるお墓でした。お話を伺うと、段差があって下がっている左側に大きなお墓があることが心配なので、2つのお墓の位置を入れ替えてほしいとご希望でした。

 

左の大きなお墓の台座部分です。木の根が大きくなり、一番下の台座の石が浮いてしまっています。お客様もご自分で何度も何度も枯葉剤を入れたそうなのですが、それでもめげずに生えてくるそうです^^; この機会にこの木も切ってしまいたいということでした。

 

右側のお墓の土台部分です。台座の石の下にコンクリートが打ってありますが、厚みが薄く、沈んでそりあがったような状態になっています。

今回の工事の工程は、まずは石塔を二つとも取り外し、土台となる基礎を打ちます。養生して基礎が完成したら、お墓の位置を入れ替えて据え直しました。

 

据え直しが完了しました! 基礎コンクリートも以前とは違って、十分な厚みを持たせてしっかり2つの石塔を支えられるように施工しました。左右の位置を入れ替えて、重量のあるお墓は右側に、左側に生えていた樹木は抜根して取り除きました。

この仕上がりの様子をお客様にご覧頂くと大変喜んでいただけて、「じゃあ、土間の工事もお願いしようかな」と、土間部分の改修もご依頼くださいました。

 

こちらはお墓の据え替えの前に撮った写真です。実は、お墓手前の土間部分はこのように土がむき出しになっている状態でした。段差だらけでつまづいたりする危険もあります。当初はお墓の据え替えと樹木の抜根をご依頼いただき工事を完了しましたが、追加のご依頼で、こちらもきれいにしてお参りしやすいお墓にすることになりました。

 

土間の改修工事に入ります。まずは古いコンクリートをはがして、土を少し掘り下げて新しくコンクリートを打ちなおします。

 

鉄筋を組んでコンクリートを流し込みました。表面をきれいにならし、しばらく養生したら基礎が完成です。

 

コンクリートの基礎の上に、石貼りの参道を設置しました。お客様は以前から、できるならご自分で改修しようと思っておられたようで、その際ご準備された敷き石をお持ちだったので、それを当店の工場へお持ちくださいました。カットして寸法等を調整して敷いています。

 

目地を入れて玉砂利を敷いたら完成です!

 

据え直しが完成したお墓です。玉砂利で隠れた部分にも、十分な厚みの基礎があります。心配されていた木の根もきれいに取り除き、お墓の脇や奥もスッキリしたのでお掃除もしやすくなりました。

 

入り口からは、このように安全に入れるようになりました。明るい色合いの玉砂利で、お墓全体が明るく仕上がっています。

 

石貼りの参道です。段差だらけの土間部分が、フラットになって歩きやすくなりました。表面はツルツルに磨いたりしていないので、雨の日でも滑りにくく、より安全です。

お客様には、「こがんしたかった!」(こんな風にしたかった!)と喜んでいただけました^^ ご自分でしようとされていたくらいですから、お客様の理想とする完成図があったと思いますが、そのひとことで、その理想を叶えられたんだなあとうれしかったです。

普段からお客様とお打ち合わせをしながら、ご希望を確認して工事を行いますが、今回はお客様の理想とする仕上がりに少しでも近付けるため、特に小まめにご連絡をとらせていただきました。工事の日はお電話をして、「こんな感じに仕上がりましたがいかがですか?」と確認していただいたりしながら、その場でご感想をいただいての工事でした。そうした過程でお墓の据え直しのあとに土間の改修もご依頼いただくことができ、仕事ぶりを認めてお任せいただけたことは職人としてとてもうれしいことでした^^

度々現場を見に来てくださったお客様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。何かお困りのことなどございましたら、またお気軽にお声かけください^^